てんかんの症状を抑えられる癲癇の薬のカルバトール

癲癇の薬にはNaチャネル阻害薬のカテゴリに属するテグレトールが知られていますが、このジェネリック医薬品で有名なものにカルバトールがあります。
この癲癇の薬には、てんかんを事前に予防する働きがあるので、前ぶれなく起こる症状を抑えられますし、突然の意識の消失や、体のけいれんを引き起こさないようにすることが出来ます。
脳による神経の細胞が異常を示すことで、てんかん発作が起こるといわれていますが、カルバトールを正しく服用すれば、癲癇が起きないよう、脳の興奮状態を鎮め、精神面にも影響を与えて、穏やかな状態に導けます。
てんかんによる発作が起こった場合、もしそばに誰も診てくれるような相手がいないと、強い不安に襲われ、そのためにより強い発作が起こる可能性がありますが、カルバトールを服用すれば、それを抑えられるので安心です。
ただしカルバトールには、いくつか注意点があるので、効果を十分に発揮させたい場合は、服用時の飲み合わせには十分に気をつける必要があります。
たとえばアルコールは効き目を悪くするので、お酒は飲まない方がよいですし、市販のジュースにも気を付けなければなりません。
カルバトールはグレープフルーツジュースとの飲み合わせがよくないので、この薬を服用するときは避けるようにしてください。
グレープフルーツジュースを飲むと、それに含まれる成分が、体内でカルバトールの働きを阻害することがわかっているので、薬の効き目を減らしたくないなら、飲まないようにしましょう。
カルバトールは、てんかん発作を抑制する効果の高い薬ですが、間違った飲み合わせを行っていると、効果効能を得られなくなります。
使用上の注意をよく読み、正しく服用するようにしてください。

トップページへ