カルバトールの製造会社について

カルバトールは製薬会社のトレントファーマにより販売されている薬で、てんかん発作や双極性障害、三叉神経痛の治療に有効です。ジェネリック医薬品のため、先発薬と変わらない効果でありながら、安価なのが特徴です。トレントファーマは1959年に設立されたインドに拠点を置く製薬会社です。世界各国に薬を販売しており、特に中枢神経系薬剤や循環器系薬剤などで高い評価を得ています。インド国内においても重要な役割を果たしている会社で、胃腸薬や抗感染症薬、抗糖尿病薬の分野で多くの薬を提供しています。日本では2006年にトレントファーマの子会社が設立しており、製品展開が期待されている会社です。
カルバトールの作用は、脳神経や末梢神経細胞のNaチャネルを遮断する事で、電気信号が突然脳内で放射されるのを阻止し、発作を抑制します。カルバトールはてんかんと三叉神経痛の治療に用いられて来ましたが、近年では双極性障害の再発予防にも効果的だと判明し、特にうつ症状を抑えるのに役立っています。即効性はありませんので、効果が出るまでに1週間から数週間の時間が必要です。
カルバトールは薬局やドラッグストアなどでは販売しておらず、ジェネリック医薬品の認可が遅い日本では病院の処方薬として購入する事もできません。そのため、入手するにはすでに国の認可を受けて販売されている海外からの個人輸入を行うのが一般的です。輸入代行業者などを利用すれば、輸入手続きの手間が省けますが、安全に使用するために信頼できる業者に依頼して下さい。また、カルバトールの服用量は年齢や症状によって違ってくるため、医師の指導を受けて用量用法を守る事が重要です。この薬は独自の判断で中止してしまうと、発作が引き起こされたり、危険な状態に陥る可能性があります。

トップページへ