顔の神経痛に効くカルバトールとツイッターでの似たお店

カルバトールは顔の神経痛、三叉神経痛に効果があるとされているてんかん発作治療薬。躁鬱病や双極性障害、統合失調症にも用いられている薬で、医師による処方・指示のもと服用する必要があるとされていますが、ジェネリック医薬品が販売されており、個人輸入店で購入できてしまうため、病院へ行くのが面倒という人に重宝されていたりします。勝手に服用したり量を増やしたり断薬をすることでかえって症状が悪化する場合があるため、個人で購入できるとはいえ精神安定剤に類する薬は医師に罹った上で手に入れるのが安心・安全です。アルツハイマー病といった認知症の中で、他の抗精神病薬で効き目が現れなかった症状に対しても有効で、特に興奮が抑えられない患者さんに有効とされています。またこの薬とはまったく関係ないですが、カルバトールで検索をすると、何故か「カルバドール」というカクテルバーのお店が上位に上がってきます。カルバドスというお酒が飲めるお店で、ツイッターでも飲みに行った報告ツイートが多々上がっています。またごく少ないツイート数ですが、カルバトールをツイッターで検索すると、「飲むと落ち着く」という報告が上がってもいたりします。いずれにせよ、ツイッターでカルバトールではなくカルバドールに行き着いて、安定剤ではなくお酒に思考が向いてきがちですが、精神安定剤の類の薬はアルコールと併用すると症状が悪化したり(顔が赤くなるのはお酒のせいです!)効き目が強くなりすぎたりもしますので、単純に顔の神経痛に効き目があるからといって安易に個人輸入店から購入したりはせずに、きちんとお医者さんに罹って症状を説明した上で処方してもらうのが一番です。

トップページへ