『大暴露』ケンペネEnglishが隠し持つ上達する理由

『大暴露』ケンペネEnglishが隠し持つ上達する理由

たくさんの英語上達者を輩出してきたケンペネEnglish。さまざまな英語教材がある中で、どうして「これなら英語が上達する!」とみなさんから評されているのか、その理由を『太鼓判』ケンペネEnglishで英語が上達する本当の理由では探っていきました。今回それを記事にしましたが、振り返ってみるとまだまだ他にも理由があることがわかったんです。

それをお伝えしないわけにはいかないので、ここでお話させてください。最後まで目を通せば、ますますケンペネEnglishを始めたいという気持ちが湧いてきますよ!

ケンペネEnglishのHPを見る

理由その1「アウトプットの時間がたっぷり」

理由その1「アウトプットの時間がたっぷり」

ケンペネEnglishがまさに隠し持っていた上達する理由の1つ目は、インプットよりもアウトプットの時間がたっぷり設けられていることです。具体的に言うと、インプット20:アウトプット80です。配信される各動画で常にアウトプットをし、しっかり発音トレーニングできるのが、この英語教材の特徴と言っていいでしょう。

アウトプットにはメリットが多数

なぜアウトプットの時間がたっぷりあると上達するのかと言うと、2つのメリットがあるからです。

・セルフチェックができる

・発音のポイントに自ずと気づける

これらを今から解説していきますね。

セルフチェックができる

英語のアウトプットは、英語を口から出すことです。口から出された英語は、自分の耳に当然ながら入ってきますね。ということは、自分が今どんな発音をしているのかがわかるわけです。

そんなとき、「あれ、動画で言っているのと何か違う」ということに気がつけますよね。普通のことを言っているかもしれませんが、これはアウトプットをしているからこそのもの。文字だけを目で追い、耳だけで聞いているときには得られない感覚です。

この感覚があるからこそセルフチェックができ、「よし、今度はこんなふうにしてみよう」と修正できます。ただ漫然とレッスンを受けているよりも、ずっと効果的にスキルアップすることが可能になるんです。

発音のポイントに自ずと気づける

こんなふうにセルフチェックを繰り返していると、どこに気をつけたら滑らかに発音ができるのか自分で気づけるようになります。それは何もケンペネEnglishで使われる単語やフレーズに留まりません。英語教材で使われなかった言葉や、それこそ今まで聞いたことのない言葉でも、どうすればすぐにネイティブのように話せるのか自ずと判断できるようになるんです。

口をどんどん動かそう

アウトプットは英語勉強の鍵であり、スピードをどんどん高めてくれるメソッドなんですね。でもいざアウトプットしよう!と言われても何をやっていいかわからないから、ケンペネEnglishの授業でたっぷり取り入れられているんです。ケンペネEnglishが「2ヶ月でネイティブに」と言うだけの根拠は、ここにもあることがわかります。

理由その2「ゴールまでの道筋が的確」

理由その2「ゴールまでの道筋が的確」

2つ目の理由は、ゴールまでの道筋が的確なことにあります。ケンペネEnglishの設定するゴールとは当然、英会話ができるようになることです。英語が話せるようになるまでの道のりがわかりやすく、かつ適切に決められているからこそ、この教材で上達する人が続出しているんですね。

単純明快なスケジュール

ではどんな道筋が設定されているのかと言うと、スケジュールを見ればすぐにわかります。

①日常英会話のシチュエーション20を用意

②ひとつのシチュエーションに対し、3日間かけて3種類の動画(「カタカナ英語を使えるようにする」「パズルの要領で短文を作れるようにする」「スマートに伝えられるようにする」)を配信

③それを20シチュエーション分行う

ケンペネEnglishに用意された20シチュエーションは、自己紹介や海外旅行、レストランや病院など日常英会話で役立つものばかりです。このように、どうすれば英語が話せるというゴールにたどり着けるのか、あらかじめきちんと決められているんですね。

目標が見えればポジティブになる

ゴールまでの道筋が明確だと、目標達成のビジョンもイメージしやすくなりますよね。ただ漠然と2ヶ月後にあなたは英語が話せるようになりますよ、と言われても疑問しか出てきませんが、

「あなたには、このシチュエーションに必要なカタカナ英語を使えるようになってもらいます」

「その次に短文を作ってもらいます」

「最後に伝え方を練習してもらいます」

「これを20回繰り返してもらいます」

と言ってもらえれば、なんとなくでも想像がつくはずです。レッスンをいざ受けてみると感じるんですが、道筋までが明確だと「自分はこれをやっていればいいんだ!」となり、モチベーションに繋がるんですね。

スケジュールに隠れた謎

考えによっては、スケジュールの設定はかえってプレッシャーになると言われることもあります。2ヶ月でマスターできるのだろうか、と不安を覚える人もいるようですね。でもケンペネEnglishの授業内容は、驚くほど簡単で、覚えることがほとんどないんです。

どうしてそう断言できるかは、『太鼓判』ケンペネEnglishで英語が上達する本当の理由で紹介したレッスン内容を見ればわかりますが、どんな人でも決められた期間できちんとこなせるように計算されているんです。

まとめ

まとめ

「アウトプットの時間がたくさんあること」「ゴールまでの道筋が的確なこと」。それが、今回明らかになったケンペネEnglishで上達する理由です。

これはある英語講師から聞いたのですが、探せば探すほど上達の理由が出てくるのが本当に良い教材のようですね。ケンペネEnglishにはまだまだたくさんありそうですが、ここであげようとするとキリがなくなりそうです。あとはぜひ、あなたがトライしたときに見つけてもらえればと思いますよ!

ケンペネEnglishのHPを見る トップページを見る